アドレナリンとノルアドレナリンについて追加しました!

Fight or flight

緊張の正体である闘争と逃走のホルモンと呼ばれているノルアドレナリンについて関連事項に追加しました。会員の方はチェックお願いします。

また、緊張の原因であるノルアドレナリン絡みで臨床で使われているアドレナリンやアドレナリン絡みで高峰譲吉や脳科学的な観点から扁桃体等についても言及しています。

興味のある方はこちらをご覧ください。

プレ・パフォーマンス・ルーティーン

本日は、緊張のコントロールが絡みで「プレ・パフォーマンス・ルーティーン」についてのお話です。

ノルアドレナリンのコンテンツでも触れていますが、

極度の緊張場面では、過度の緊張から交感神経が刺激され思うように身体が動かなったり、頭が真っ白になったりします。

このことは、プレ・パフォーマンス・ルーティンを行うことによって回避することができます。プレ・パフォーマンス・ルーティーンに意識を集中することによって、不安がなくなり、極度に緊張することもなくなり、適度な緊張状態を保つことができ、いざという時に力が出せる様になります。

これは、プロのアスリートの間では当たり前の様に行われています。

最近すごく話題になっているラグビーですが、4年前のW杯で活躍されて有名になった五郎丸選手の祈りのポーズがまさにこれに当たります。

最近引退したイチロー選手のルーティーンも有名ですねぇ。

ゴルフでは、プレ・パフォーマンス・ルーティーンはプレ・ショット・ルーティーンとしてプロからゴルフの上手なシングルさんの間では必ず行われています。

臨床での応用は

意外と臨床でも普段の生活でも無意識に行なっている方は大勢います。

例えば、何か難しいことをするときとか、大きく深呼吸したりしていませんか?これが普段何気に無意識に行なっているプレ・パフォーマンス・ルーティーンです。

臨床で行うとしたら、スケーリングをするとき、難抜歯をするとき、オペをするときなどに大きく深呼吸をするなど自分なりのプレ・パフォーマンス・ルーティーンをしてみたらいかがでしょうか?

やる気スイッチが入り、気持ちも落ち着き、集中力が高まります。

お試しあれ!


関連事項

アドレナリンとノルアドレナリン

アドレナリンとノルアドレナリン アドレナリンとノルアドレナリン どちらもよく聞くワードですが ...

自律神経について

緊張をコントロールするには、前提知識として神経系についての知識が必要です。 体性神経と自律 ...

緊張のコントロール

unsplash-logoCasey Horner 緊張をコントロールするには? 新人の衛生士さんが... ...

Pocket
LINEで送る