セロトニン

緊張している状態とは、自分で感情がコントロールできない状態とも考えられます。感情がコントロールできている状態でイメージされるものとは?

修行を積んだ僧侶です。

心が穏やかで、落ち着きがあり、物腰が柔らかく、心に安定感があり、心に余裕が感じられます。肖りたいものです。

この心の状態は、医学的にはセロトニンが十分に分泌された状態とも言われています。つまりセロトニンについて探求すれば、感情のコントロールは可能になると考えられます。

ところで、セロトニンが枯渇した状態は、医学的にはうつ病です。うつ病ではセロトニンやノルアドレナリン関係の薬が使用されています。この辺りにも答えがありそうですねぇ。

そもそもセロトニンとは何なのでしょうか?

Table Of Contents

セロトニンとは?

セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから5-ヒドロキシトリプトファンを経てセロトニンになります。つまり、トリプトファンがないとセロトニンは作ることができないことになります。

また、 人体内には約10mg存在し、消化管粘膜に90%、血小板中に8%、脳内に2%存在します。

脳内の神経伝達物質として働くセロトニンは、脳幹の縫線核で合成されます。腸で生成されたセロトニンは、血液脳関門を通らないため脳のニューロンに直接作用する可能性はないと言われています。

セロトニンは光に反応する

図1

2500ルクスの光を5分浴びるだけでセロトニン神経は活性化すると言われています。網膜から入った光の刺激が脳幹の縫線核に伝達されるとセロトニンの合成が始まります。

セロトニンの合成は、通常は、朝日を浴びてからスタートしてだんだん低下し、夜になると作られなくなります。とにかくトリガーは、太陽の光です。

図1は、日常生活における照度をザックリ表したものですが、太陽の光を浴びればほとんど問題なくセロトニン神経は活性化することがわかると思います。

主宰者は、朝、日の出と共にワンコ達と朝日を浴びながらセロトニン神経を活性化するために散歩しています🤗

セロトニンはコンダクター!

脳内セロトニンを生成する縫線核群は、大脳皮質、大脳辺縁系、視床下部など広汎な脳領域に投射しているため、脳内セロトニンが関与する生理機能は多岐にわたります。

簡単に言うと、セロトニンは脳全体に広がり、様々な場所で作用をすると言うことです。

生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などの生理機能と、ドーパミンノルアドレナリンなどの感情的な情報をコントロールし、精神を安定させます。

セロトニンは、「癒しのホルモン」「幸せホルモン」としてのイメージが強いですが、大事な働きとして「他のホルモンを調整する」ことをしています。「ホルモンの指揮者」と考えていただけたらいいと思います。

オーケストラも指揮者がコントロールしないとうまく演奏が行えません。これと同じです。

つまり、セロトニンが枯渇すると他のホルモンのコントロールができなくなり、脳が機能しなくなってしまいます。ちなみに医学的にはこの状態をうつ病といいます。

あとは、セロトニンが活性化する方法を考えて、脳が正常に活動することをすれば良いことになります。

セロトニンの活性化方法

お知らせ

この記事やビデオは、予防プログラム(TBI編) 会員限定です。

お申し込み

関連事項

アドレナリンとノルアドレナリン

アドレナリンとノルアドレナリン アドレナリンとノルアドレナリン どちらもよく聞くワードですが ...

自律神経について

緊張をコントロールするには、前提知識として神経系についての知識が必要です。 体性神経と自律 ...

緊張のコントロール

unsplash-logoCasey Horner 緊張をコントロールするには? 新人の衛生士さんが... ...