2月の診療について

通常通り診療いたしますが、2月14日(木)は休診しないで診療いたします。

最近、寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

インフルエンザや風邪等が流行しております。十分に栄養と休養をとり、体力や抵抗力を高め、体調管理を行ってください。

インフルエンザ警報

千葉県では、1月9日に定点当たり患者報告数が11.22となったため、インフルエンザ注意報が発令されました。

その後、2019年第2週(1月7日~1月13日)の定点当たり患者報告数は前週の3倍以上である41.33と急増し、国の定める警報基準値(30)を超えたため、インフルエンザの予防対策を更に徹底するよう注意を喚起するため、1月16日に「インフルエンザ警報」が発令されました。

インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、普通の風邪に比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併し重症化することが多いので、体力のない高齢者や乳幼児などは、特に注意が必要です。

予防について

参照

平成30年度、今冬のインフルエンザ総合対策について(厚生労働省)

Pocket
LINEで送る