噛むことの効果について

About the effect of chewing

Table Of Contents

最近では、噛むことの効果は、羽生結弦さんを起用したロッテのガムのCMでだいぶ認知されるところになりました。

ガムを噛むことは、集中力が高まることや空間認知能力が高くなることさらにストレス等を緩和したり様々な効果があり、ガムを噛むことでスポーツ選手のパフォーマンスが向上することを羽生選手を起用してコマーシャルの戦略としています。

噛むことによって脳内の血流が増えて脳が活性化されます。噛むことや咀嚼をすることによって、脳の前頭前野が活性化されます。

前頭前野は記憶や学習などをコントロールしているところで、ものごとを考えたり、判断をしたり非常に重要な役割を果たしています。咀嚼は、この前頭前野を刺激する方法のなかでも手っ取り早くできる簡単な方法だと言われています。

以前からプロのスポーツ選手は、色々な意味でガムを噛んでいました。当サイトのセロトニンでタイガーウッズが2019年度のマスターズでガムを噛んでいることについて触れましたが、スポーツの世界では「噛む効力について」は周知のことのようです。

事実ロッテ球団は選手用のガムを考案して選手用に配っています。ちなみにロッテ球団では、今季、ガムを好んで噛む一軍選手にはロッテの中央研究所「噛むこと研究室」のバックアップの下、その選手のリクエストに応じた専用のガムを提供しているそうです。

残念ながら市販はされていないようです。ガムを噛むことによって目覚ましい活躍した選手に清田育宏選手がいます。またロッテのベンチにはいつでもガムが噛めるように常備してあるそうです。

噛むことの効果

噛むことの効果はいろいろあります。

噛むことの8大効果についても最近ではだいぶ認知され、ほとんどの人が知ることになってきました。さらに「高齢者とフレイル」という観点から噛むことについてオーラルフレイルとしてフォーカスされることも多くなりました。

噛むことの効果として「卑弥呼の歯がいーぜ」という標語で語呂合わせとして認知されています。

そこで、標語の「」の「」について

噛むことと認知症」にフォーカスしてみました。興味のある方はご覧ください。


関連記事

噛むことと認知症

unsplash-logoLouis Hansel 口腔状態が悪化すると、食べることや飲み込む動作が... ...

サルコペニアとフレイルとロコモについて

日本は、誇らしいことに世界一の高齢社会です。5年後の2025年には75歳以上の後期高齢者が2000万. ...

セロトニン

緊張している状態とは、自分で感情がコントロールできない状態とも考えられます。感情がコントロ ...

Pocket
LINEで送る