インフルエンザと歯磨き

Influenza and toothbrushing

Pocket
LINEで送る

最近めっきり寒くなりましたねぇ!
気温が下がり空気が乾燥してくると、インフルエンザの流行する季節がやってきます。
インフルエンザの予防注射をするのも大切ですが、歯磨きをして口腔内を清潔にすることで予防することが可能です。

咽頭粘膜に存在する呼吸器病原体ウイルスレセプター(シアル酸レセプター)は、通常、唾液の糖たんぱくによってカバーされています。唾液でレセプターが保護されているのでウイルスが体に侵入することはできません。逆に、唾液が十分に出ない方は、すぐに、ウイルス感染してしまうことになります。潤い大事ですね・・・

ところが、咽頭細菌や歯周病原性細菌の産生するプロテアーゼは、口腔粘膜のウイルスレセプターを隠蔽している糖タンパク質の粘膜層を破壊してインフルエンザウイルスレセプター(シアル酸レセプター)を露出させてしまいます。それにより、インフルエンザのヘムアグルチニンがシアル酸レセプターとくっつき体内に侵入するようになっています。
私たちが、インフルエンザウイルスに感染する仕組みはざっとこんな感じです。

ところで、口腔内清掃を十分に行うとインフルエンザに罹患するのが1/10まで下がることが分かっています。理由は、口腔清掃を行うことで、歯周病菌が少なくなり結果的に、歯周病菌の産生するプロテアーゼが少なくなるからです。その結果唾液糖タンパクで粘膜が保護されるからです。

歯周病原性細菌群をコントロールするとはインフルエンザの予防にもなるんですね。
適切な歯磨きと歯周ポケット内の歯周病菌を減らすことによってインフルエンザを予防することが可能です。
衛生士さんに適切な歯磨きの仕方を指導してもらうことと歯周ポケット内をお掃除してもらうことをお勧めします。

Pocket
LINEで送る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA