コーヌス義歯

最近、 BP剤を服用しているためにインプラントによる欠損補綴の治療ができず、噛める入れ歯を希望する方にコーヌスクローネ(以下、コーヌス義歯と略します)を提案することが多くなりました。

コーヌス義歯は、30年程前には、欠損補綴を行う場合もっとも噛める義歯として、非常に多くの患者さんに適応されていました。主宰者が大学の医局に在籍していた時はほとんどコーヌス義歯一色といってもいいほどでした。

ところが、技工操作が煩雑なことや精密な治療が必要なこと、支台歯の歯根破折等のトラブルがあったことさらにインプラント治療の普及に伴い、徐々に行われなくなって来ました。近年では、技工操作が複雑なこと等によりコーヌス義歯を作製できる技工士さんはほんの僅かになってしまいました。

また、コーヌス義歯は、熟練した技術が必要なため、取り扱っている歯科医院が少ないのですが、取り外し式の入れ歯では現在でも最高の入れ歯といえます。インプラントに抵抗がある患者様あるいはインプラント治療ができず、よく噛める義歯を希望している患者様には、審美性と機能性が高いコーヌス義歯は、もっともおすすめできる入れ歯です。

利点

欠点

FGPコーヌス義歯

当院では、従来からのコーヌス義歯の欠点である維持力の調整を改善する方法として、FGPフィットシステムFriktions-Geschiebe-Passung FGP (フリクション アタッチメント フィット)ドイツ bredent社 コーヌスクラウン用フリクションレジンを使用し、内外冠の100%の接触を可能にしました。長期に使用してフリクションが得られなくなってもこのレジンを入れることによって、また維持力が回復できます。さらにこのレジンはソフトなフィット感があり患者さんにも好評です。ただし口腔内で行う場合は維持力が強すぎるので外れなくなる場合があるので注意が必要です。

さらに、技工操作が煩雑なことは、FGPレジンを使用することにより、鋳造床テクニックで外冠と金属床のメタルフレームをワンピースにすることで簡便にし、非常に義歯を小さくすることが出来るようになりました。このことで違和感の少ない義歯を作ることが可能になりました。

患者さんからも非常に好評をいただいております。よく噛めてバネが見えない義歯を希望のお方にはオススメの入れ歯です。


関連記事

入れ歯(補綴歯科)

「噛める」 「痛くない」 「落ちない」 「見た目がいい」入れ歯を患者様に提供することをモット ...

ビスフォスフォネート製剤

unsplash-logoMarcelo Leal ビスフォスフォネート製剤 ビスフォスフォネート製... ...

Pocket
LINEで送る