何回歯磨きすればいいの?

How many times should I brush my teeth?

患者さんには、食後3回、理想的には起床後と就寝前の計5回してくださいと一般的には指導しています。実際は患者さんによって異なりますが…

他の人は、何回磨いているのか?

ところで世の中の人は何回磨いていると思いますか? アイスタットによると、1回が20.7% 2回が47.0% 3回が23.7% 4回が4.3%  5回が1.7%だそうです。 3回以上磨いている人は30%でほとんどの人が2回までしか磨いていないのです。歯科関係者が推奨する歯磨きの回数は、世の中の人には支持されない回数ですねぇ。

回数より磨けているかが大事

残念ながらほとんどの患者さんは、適切な磨き方を習得せず不適切な磨き方を覚えてしまいそれを習慣化させています。汚れがちゃんと取れていない歯磨きを何回しても汚れは取れません。当たり前の話です。大切なことは、ちゃんと磨けているかということになります。

大事なことは適切な磨き方の学習

適切な磨き方の学習には、やはり歯科医院に行く必要があります。本やビデオでもある程度は適切な磨きかたを習得することも可能ですが… 口腔内の状態は人により千差万別です。例えば、歯並び、唾液の性状、唾液の量、歯の質、口腔内細菌、食生活、生活環境、全身状態などこれらのファクターがひとりひとり全く違います。 これらのことを十分に考慮して、歯磨きの仕方を考える必要があります。 これをするのが口腔ケアのプロフェショナルである衛生士さんです。 一人では学びが限られ、モチベーションも続かず、途中で適切な歯磨きが頓挫してしまいます。人に見てもらうことで問題がわかり、それを修正することでさらに適切な磨き方を習得できます。 衛生士さんのお陰で、適切な磨き方を習得できたとします。さて次に大事なことは、習得した適切な歯磨きを継続して行うことです。継続して行うには適切な磨き方をすることの目的明確化するとうまく行えると言われています。

歯磨きの目的を明確にするとストレスもなくなる?

ところで、皆さんはどうして歯磨きをするのでしょうか? 歯磨きの目的を明確にしているでしょうか? 人間の行動は、目的を明確化することで継続することがわかっています。さらに体の調子もよくなることもわかっています。 ある実験によると、目的意識を持っている人はストレスを感じにくく、また、仕事に対しても満足感を持っていたり、幸福に感じていたりするそうです。 心理学者のキャロル・リフと彼女の同僚が、長期間数千もの人々の追跡調査を行いました。意味のある人生を生きている人々は、幸福とはいえ目的意識を持っていない人々に比べるとより健康でした。 より高い目的意識を持っている人々は、コレステロール値、健康的な体重という点で優良で、睡眠に関してもより質の高いもので、また彼らのコルチゾールという唾液に含まれるストレスホルモンの値はより低いものでした。

歯磨きは、ダイエットにも関係している

つまり歯磨きする目的を明確化することでストレスが軽減でき、さらに身体も健康になることができるのです。特質すべきことは、このコルチゾールはメタボリックシンドロームと関係があると言うことです。コルチゾールが多くなると脂肪が蓄積されるように私たちの体はプログラムされています。 歯磨きの目的を明確にして歯磨きすると、なんとダイエットの効果にも期待が持てるのです。非常に気になるところですねぇ…

「目的が持つ力」についてドラゴンフライエフェクトの著者で有名なスタンフォード大学のジェニファー・アーカー教授のビデオありますのでご覧ください。ただし英語です。
Watch here
いかがでしたか?英語がちょっとと言う人には 日本語で解説したサイトがこちらにありますのでご覧ください。
日本語サイト
歯磨きの回数は目的により異なります。さらに目的を明確にすることにより成果が上がります。ただし、歯磨きというミッションを成功させるにはプロフェッショナルである衛生士さんの力が必要不可欠です。 歯磨きについてプロフェッショナルである衛生士さんに相談してください。きっと、オリジナルなあなたにあった歯磨きについて教えてくれます。
阿左見歯科 予防歯科

阿左見歯科
歯磨きの回数について
まとめ

歯磨きは3回から5回が理想だが現実は難しい?

歯磨きの回数は生活リズムや口腔内環境によって違います

回数より適切に磨けているかが大事

衛生士さんに相談してあなたにあったオリジナルな歯磨きをゲットしてください

歯磨きをして健康でストレスのない幸せな人生を送りましょう

オリジナルな阿左見歯科の予防治療
Slider

関連記事

バイオフィルム

バイオフィルムというワードは、CMのお陰で最近ではほとんどの人が認知するワードとなりました。 ...

洗口剤

歯科医院で使用されている洗口剤 1)バイオフィルムにの表面に付着して作用するもの 2)バイオフ ...

特定ミュータンス菌は脳出血と関係している

脳出血は、塩分摂取量が多くて高血圧との関連性があることはすでに認知されている情報でしたが、 ...

Lacdent-proとアレルギー

Lacdent-proはさまざまな効果を有していることを投稿しましたが、アレルギーに関しても効果があ. ...

Lacdent Pro(HK L-137)

免疫とは? 免疫とは、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し ...

歯周病と喫煙

unsplash-logoMathew MacQuarrie タバコを吸うと歯周病になりやすいことは... ...

いい歯ブラシの選び方とは?

本日は、いい歯ブラシの選び方についてのお話です。巷には歯ブラシコーナーにたくさんの歯ブラシ ...

歯磨きのタイミング?

本日は、歯磨きのタイミングについてのお話です! 患者さんには、食後にはなるべく早く歯みがき ...

Pocket
LINEで送る