インプラント

Branemark system

当院の院長は、1986年に東京歯科大学歯科補綴学第3講座に入局しました。当院で導入していますブローネマルクシステムは、東京歯科大学歯科補綴学第三講座の小宮山彌太郎先生によって日本に紹介され、同講座によってさまざまな研究がなされました。

大学病院勤務時代に、このシステムに触れることができ、このシステムの素晴らしさを実感いたしました。

1995年に自医院においてもこのシステムを導入いたしました。現在にいたる23年以上の間、当院にて治療された患者様から、高い評価をいただいております。


治療前準備
治療方法
治療後のメインテナンス