セレックシステムとは

セレックはドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計し作製するCAD/CAMシステムです。光学印象なので、基本的には歯型を取ることはありません。
最先端の3D光学カメラを使用し、患部を撮影し、コンピュータで歯列をモニター上に再現し、コンピュータの3D画面上で修復物を設計し、ミリングマシンが設計データをもとに作製します。
高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も約1時間と短時間でセットが可能です。
*症例によっては、当日のセットができない場合があります。

セレックシステムの特徴
  • ワンデートリートメント
    1回の通院で修復物を装着できる。
    1本の修復物なら約1時間で完了します。
  • コストパフォーマンスに優れている
    セレック治療は歯科医院でCAD/CAMを用いて修復物を作製します。そのため技工所に外注することがないため、比較的リーズナブルにご提供できる。
  • 優れた耐久性
    規格生産されたセラミックブロックを使用するため、とても高い耐久性を持ちます。15年後の残存率を調べた臨床研究によれば、通常の治療では約68%なのに対し、セレック治療は約93%と非常に高い結果を出しています。
  • 優れた審美性
    金属でなくセラミックを使用しているので、歯のような美しい見た目が実現可能です。
  • 光学印象
    最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現します。従来の様に歯型を取る必要がありません。
    嘔吐反射があり、印象を取るのが苦手な人には最適です。
  • 精度の高い修復物
    先進のコンピュータシステムは、隣接あるいは反対側または対合歯の形から患者様の固有の形を自動的に復元します。このため従来の手作業に比べ大幅に時間短縮を実現。常に安定した高品質、高精度の修復物を提供することが可能になりました。
  • 身体にやさしいセラミック
    金属アレルギーの心配がない、生体親和性の高いセラミックは、変色や摩耗といった心配も不要で身体にやさしい素材です。
セレックの治療手順
  1. Step1
    歯を削った後、3Dカメラで口腔内を撮影します
  2. Step2
    コンピュータの3D画面上で修復物を設計します
  3. Step3
    ミリングマシンが設計データをもとに加工します
  4. Step4
    口腔内にセットして治療完了です